Meet The World ここに生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS ディズニーランド ストーリー&マジック

<<   作成日時 : 2010/01/28 02:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0


ディズニーランド ストーリー&マジック 限定保存版 (初回限定) [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2010-01-20

ユーザレビュー:
ディズニーランドが好 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



さて、毎度のことですがこのDVDを見ながらの感想をずらずらとば・・・。

今回も<興味がない人には時間の無駄>、且つ興味ある人にも<ネタばれがところかしこに散りばめられている>ので注意してくれw

--------------------------------------










Disc1

〜ディズニーランド:ストーリー&マジック 受け継がれる幸せの魔法〜

・Dream To Reality
・ウォルトのハブ構想の説明→コンパス(文具?羅針盤?)のどっち?
・ローリー・クランプの後ろに「命を吹き込む魔法」
・フライング・ソーサーは未完成(失敗だが復活を求める声もある)
・ポイントは目新しさ(リピーターも同様)
・チキルームの発端→カフェを南国風に→鳥同士で鳴きかけるようにしたらどう?→いっそのこと歌わせよう。
・カルーセル・オブ・プログレスの訳が"プログレスランド"??
・ヨーホーの作詞→メ・アテンシオ
・「帽子箱の幽霊が屋根裏にいる」という噂
・何がアストロブラスターに足りないかわかった。ピンチのスリルだ。
・没企画のDiscoveryBayのコンセプトアートが、ポートディスカバリーに酷似な件。
・Disc1一話目了、自分は現代っ子ぽくない現代っ子。ゲームを楽しむ人間ではないと感じた。

〜ディズニーランド U.S.A. 夢の国を訪れる〜

・タイトルのUb Iwerksの名に注目。
・鉱山のイメージ(Mine Train)はビッグサンダーマウンテンに移されたが、雰囲気を味わうという点で昔の面影は消えた。
・マークトウェイン号から見える熊のオーディオ・アニマトロニクスが本物っぽいw
・え?釣り堀ってマジであったの!?あのウォルトが釣りをしてた写真は本物かよ!w
・DLのイメージを、世界各地の文化を一か所に集めたものなのか、世界に散らばる文化をどこでもドアのようなもので繋いでいるイメージにするかで迷い中。
・きっちりとした動きに加える自然な動作よりも、力が弱くて制御できないガタンガタンとした動きの方が自然に見えるのは何故だろうか。
・1話目の城前後逆にした話により、2話目に見るファンタジーランドキャッスルのノイシュバンタイン城をモデル説が有力(そのとおり)に見える。
・ケイシージュニアトレインによって、ゲストは檻の中のライオンにもなれる(笑)
・おとぎの国のカナルボート、アリスの世界があるけど家とか出てきたっけ?
・なんでパレードが全部デイビークロケットのアレンジなんだよw


Disc2

〜夢の国のウェスタンショー〜

・ダイアモンドホースシューにでてくるジーンシェルドンの笑顔→ブラック・マヨネーズの小杉に似てる
・このアネットって、あの「パイナップル・プリンセス」とかミッキーマウス・クラブ出身のあのアネット!?
・日本の漫才でツッコミがない版がアメリカン・ジョークに近くなる。
・最後のドタバタ落ちは記憶にないんだが本当にやってたのか?www だとしたら本気で尊敬する。

〜ディズニーランド世界博覧会へ行く〜

・Wonderful World Of Colorのオープニング、花火の合成はアブがやったのかな?
・まさかのウォルト、コダック推しwwwww 何か理由あったっけ?
・会場の映像に切り替わったところで涙が出てきた。すでに自分の中でNY世界万博は、心の故郷ならぬ"思考"の故郷になってしまっているようだ。
・イッツ・ア・スモールワールドにチボリ公園(DLのモデル)がある。
・何度見てもラストの噴水で号泣。

〜ディズニーランド・アラウンド・ザ・シーズンズ〜

・このまま連続で突入しようとしたけど、しょっぱなの「開園11年目」ってとこで爆沈。
・この空飛ぶ機械って出来てから50年くらい経つけど、なんで実用化されてないんだろ?空の領域がどーのこーのとか法の整備とかの問題なら、それこそ進化の歯止めな気がする。
・わーい、使いまわしだーw でもこの時代にはテレビの録画機能なんてないから、もう一度見たいって声があったのかもね。
・クリスマスのパレードもいいなw ってかミニー股閉じなさいwwwwww
・ウォルトの言葉がいろいろと重いよ…。

--------------------------------------

総合評価:

大・満・足・で・す・っ!!

もうね、情報量多すぎて満腹になった。
だからこれ以上は言うことなし!!もう寝ていい?←まて

まぁ、マニアしか手に取らないような内容ですが、見ても損はないと思います。
参考資料として何かしらの文献を予備知識にしておけば、価値としては10倍以上には簡単にあがります。

下にウォルトの伝記としてお勧めの本を載せておきますので、読んでみてはいかがかな?


ディズニーランドという聖地 (岩波新書)
岩波書店
能登路 雅子

ユーザレビュー:
ディズニーランド化し ...
私はディズニーランド ...
ディズニーランドを学 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



創造の狂気 ウォルト・ディズニー
ダイヤモンド社
ニール・ガブラー

ユーザレビュー:
「うつ病」と恫喝が【 ...
詳細な調査に基づいた ...
エンターティナーとは ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ディズニー伝説―天才(ウォルト)と賢兄(ロイ)の企業創造物語
日経BP社
ボブ トーマス

ユーザレビュー:
ベンチャー企業の成功 ...
感動しましたどちらか ...
ディズニーを身近に感 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ディズニーランド ストーリー&マジック Meet The World ここに生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる